私は昭和26年8月、現在の日本橋人形町(当時芳町)に年子の二人兄弟の長男として生まれました。
小学校はすぐ裏の東華小学校(現在の日本橋小学校)を卒業して開成中学、開成高校、早稲田大学理工学部を卒業後、縁あって東京医科歯科大学歯学部へ進むこととなりました。
 現在、人形町笠原歯科の他に、3医院を開設しております。

 私の父方の祖父は長野出身で、関東大震災までは両国橋の袂で、当時珍しかったスキヤキ店を盛業しておりました。
震災で焼失した後、肉の卸を始め、その後堀留町、昭和9年に現在の人形町へと移ってきました。
祖父は30歳を過ぎて勉学を志し中央大学を卒業しましたが、また一方、営業の才に恵まれ、当時東京で一、二を競う肉の卸商となりましたが、長年抱いていた皇室御用達の夢を果たすことなく40歳半ばで他界しました。
後継ぎはまだ幼く、太平洋戦争も激しさを増し、店の者は徴兵され、空襲による延焼を防ぐ為、店は強制取り壊しとなり、閉店やむなきに至りました。

院長生後1ヶ月
-院長生後1ヶ月 人形町にて-
 戦後長男だった叔父は祖父の出身地長野に戻り、次男の父はこの人形町の地で菓子の卸業を始めましたが、地方に出した支店が原因で倒産しかかり、私が2歳、弟が1歳の頃、母を残し家を出たきり帰ってきませんでした。
幼子二人を抱え菓子の小売に卸にと頑張る母の姿に、債権者の方々も応援してくださり、店を続ける事が出来たそうです。
母は我慢強い人で、父の事で家族に愚痴をこぼしたりする事は一度もありませんでした。
院長4歳
-院長4歳 人形町にて-

戻る 院長紹介へ 次のページへ