トップページ

診療にあたり

院長紹介

ご案内

診療内容

笠原歯科とふくろう

 1. 心のコミュニケーション
 人と人とのふれあいだから、コミュニケーションを大切にします。
歯を治すことは、あなたと私たちが、理解しあうことから始まります。
常に納得がいくように、治療の進行状況を説明し、綿密なコンサルテーションを行っていきます。
また、治療は、歯科医師1人が行うのではなく、歯科医師と歯科衛生士・技工士のチームプレーで対応します。あなたの治療についてチーム内コミュニケーションを密に行うことによって、より信頼度の高い治療ができると信じています。
歯科医師

歯科衛生士歯科技工士
2. 口腔内予防の習慣化
虫歯や歯槽膿漏になってしまった、あなた自身をふりかえってみましょう。
3. 最適治療プラン
最も適した、治療方法を選択します。
歯はおもに虫歯や、歯槽膿漏といった病気で失われます。
これは歯や、歯ぐきのさかい目についた歯こうが原因となっておこります。
歯こうは食べカスではなく実は細菌の集団なのです。毎日の歯磨きを怠っていますとこの細菌におかされ歯を失う大事につながってしまいます。
「予防に勝る医療はなし」という言葉があります。食後のブラッシングを習慣化しましょう。私たちは適切なブラッシングを指導することにより、あなたの口腔内予防のお手伝いをします。
お口の中は人それぞれ千差万別です。私たちは、あなたに最も適した治療方法を選択します。歯科医療技術は日進月歩の勢いで進んでいます。
例えば一度失った歯はもとどおりに戻すことは出来ません。そのために、人工的なもので補いますが、従来の取りはずし式の入れ歯ではどうしても自分の歯と同じような機能、感覚が得られず、異物感や、ガタつきで充分に食事が出来なかったり、会話に不自由を感じたりで、お悩みの方も多いことと思います。この様な患者さんのために第2の永久歯ともいえる人工の根を植えて行う「インプラント治療」も行っております。
このインプラントをはじめ、その他どの様な治療のご相談でもお受けしますので、どうぞお気軽にお申し出て下さい。
4. オープンシステム
いつでも、お気軽にご来院下さい。
歯の痛みは、時や場所にかまわずおそってきます。万が一、痛みが激しくなった時は、いつでも飛び込んできてください。また、少しでもお口の中に変化を感じた時、ブラリと検診にお立ちより下さい。
私たちは、いつでも誰にでも診察できる体制(システム)をしいています。