笠原歯科グループ 人形町インプラントセンター
Q&A 〜インプラントについてのよくあるご質問〜 

Q.1 インプラントの実績はどのくらいありますか?

 当院は、現在までの合計で410症例以上、本数にして700本以上のインプラント手術の実績があります。また、現在では年間100本以上の手術を施術しております。
当院では、インプラント手術にあたってはアメリカで実績のあるスクリューベントインプラント、世界的にシェアの高いブローネンマルクインプラント、ヨーロッパで有名なITIインプラント、日本製のアローインプラントを患者さまの症例やご予算に合わせて最適なものを用いております。


Q.2 スクリューベントインプラントは普通のインプラントとどう違うのですか?

 骨との親和性が強い最新の先端技術素材を用いたインプラント体です。「MP-1プロセス」という手法で、ハイドロキシアパタイト(HA)をインプラント体の中央部にプラズマ容射法に熱処理を加えてコーティングしてあります。この「MP-1プロセス」とは、HAコーティングに極めて高度な技術を持つZimmer Dental社が開発したPlasma-Spray後加圧熱水処理法と呼ばれる画期的なHAコーティング法です。
通常のプラズマ溶射法で形成されたコーティング層のHA結晶度(45%〜77%)よりはるかに高い96%で、HAコーティング層の溶解・消失に極めて高い抵抗値を示します。また、結晶度を高めても母材との接着強度および骨との生物学的結合に影響を及ぼすことはありません。
さらに、表面粗さは平均49μ(Ra)でコーティング層の厚みは骨との接合強度試験結果で信頼性の高い50μで形成されています。


Q.3 治療費はどのくらいかかりますか?

 インプラント治療は健康保険で取り扱うことはできません。すべて自由診療になります。また、使用するインプラントの種類や本数、被せ物の違い、さらに顎の骨の状態によって骨を造成する手術の有無によって異なります。詳しくは下記の料金表をご覧ください。

項  目 金額
(税抜き)
1.検査費用 パノラマレントゲン、X線CT、血液検査、
血圧測定、口腔内検査、歯型
50,000円
※心電図検査を行う場合 60,000円
2.インプラント埋入手術 1本につき 250,000円
特別な症例の場合
※症例に応じご説明いたします。
サイナスリフト(上顎の増骨手術) 250,000円
ソケットリフト 50,000円
エムドゲインの使用 50,000円
GTR(組織再生誘導) 50,000円
骨片採取による大きな骨移植 200,000円
予備インプラント埋入 60,000円
インプラント矯正(アンカー1本につき) 100,000円
3.アバットメント(支台装置) 50,000円
4.上部構造 オールセラミックス 130,000円〜
メタルボンド(プレシャス) 120,000円〜
メタルボンド(ノンプレシャス) 80,000円〜
白金加金 50,000円〜
ハイブリッドセラミック
(プレシャス金属使用)
100,000円〜
ハイブリッドセラミック
(ノンプレシャス金属使用)
70,000円〜
ボーンアンカードフルブリッジ
12本(90%セラミックス)
1,400,000円〜
ボーンアンカードフルブリッジ
10本(90%セラミックス)
1,200,000円〜
※100%セラミックの場合はプラス¥300,000
5.メンテナンス (1)いつも行うメンテナンス
クリーニング代 インプラント1本につき
インプラントを含めたお口全体のクリーニング
合計

1,000円
6,000円
6,000円+本数
(2)必要があるときに行う点検と検診
デンタルレントゲン撮影料 1箇所につき
パノラマレントゲン撮影料 1枚につき
CT撮影料(検診結果により必要となることがあります)

500円
5,000円
20,000円〜



Q.4 他の医院と比べて特に信頼できる点はありますか?

 当院では、シンプラントソフト(あごの骨の形や硬さが分かるX線CTの画像を立体的な三次元画像で処理し、あごの病気や神経の位置なども見ることができるソフト)を導入し、より安全な手術ができる体制を備えております。なお、X線CTによる検査については、メディカルスキャンニング御茶ノ水と提携しております。
 また、レントゲンはドイツ製のデジタルレントゲン装置を採用しています。画像をコンピューター処理で鮮明に写すことができ、術前の検査や手術中もインプラントの埋入状態を正確に把握することができます。
 さらに、放射線被爆量が従来の十分の一程度と少なく、患者さまの健康への負担が少ない優れた装置です。


Q.5 どんな先生が執刀されるのですか?

 院長のほか、大学インプラント科助教授を務める医師が執刀を担当しています。特に骨の造成手術が必要な場合は、日本口腔外科学会の専門医で東京医科歯科大学で20年近く執刀していたベテラン口腔外科医が担当します。


Q.6 インプラント手術はどのくらいの時間がかかりますか?

 インプラントを埋入する本数、部位、骨の状態によって左右されますが、短い場合で30分、長い場合で120分ほどかかります。


Q.7 治療期間はどのくらいかかりますか?

 通常はインプラント手術後、4ヶ月〜8ヶ月程度です。ただし、顎の骨の硬さや骨造成の有無、埋入本数、患者さまの治療速度などにより多少異なります。


Q.8 インプラントの寿命はどのくらいですか?

 当院では1984年からインプラント手術をしております。多くの患者さまが20年以上にわたり何の問題もなくご使用になっていらっしゃいます。インプラント自体は他の歯と同じように長期間持ちますが、普通の歯と同じように歯槽膿漏になることがあります。このため長期間よい状態を保つには歯科医院での定期的なメンテナンスが不可欠です。


Q.9 インプラント手術中に痛みはありますか?

 インプラント手術は局所麻酔をして行いますので、通常は痛みを感じることはありません。また、より快適な手術を受けていただくために、麻酔医による静脈内鎮静法をお選びいただけます。これにより手術中、気持ちよくうたた寝しているような状態で快適に手術を受けていただけます。


Q.10 インプラント手術後に痛みや腫れはありますか?

 通常の場合は歯を抜く程度で、痛みや腫れはあまりありません。ただし、骨の造成などをした場合は多少腫れる場合があります。


Q.11 糖尿病ですがインプラント手術を受けることができますか?

 今かかられている病院の、医師の指導のもとで病状がきちんと管理されていれば手術を受けることができます。ただし、最初に詳しい病状を歯科医師にお伝え下さい。当院から、患者さまが通院されている医療機関に照会させていただき個別に判断させていただきます。


Q.12 インプラントの治療を受けられる年齢は制限がありますか?

 顎の骨が完成する18歳から20歳頃からインプラント治療が可能です。また、健康状態に問題がなければ90歳の方でも治療を受けることができます。


Q.13 インプラントの保証についてはどうなっていますか?

 当院では定期メンテナンスを受診していただいた場合、インプラント治療に対して次のような長期保証をしております。安心してご来院ください。

(1)インプラントの骨よりの脱落に対する再埋入
最長10年間
(2)インプラントの破折 最長10年間
(3)アバットメントの破折 最長5年間
(4)ゴールドスクリューの破折 最長5年間
(5)オーバーデンチャーのクリップ、ねじ等の破折 最長2年間
(6)インプラント上部構造の破損 最長5年間

※ 最終的な保証期間は口腔内の状態と医師の判断によります。


戻る