大事な歯を一生使うために

人形町 笠原歯科

院長 笠原 幸雄
東京医科歯科大学卒。
歯科医師/栗山 實
東京医科歯科大学卒。
歯科医師/佐藤 尚弘
東京医科歯科大卒。
歯科医師/古澤 和一郎
東京医科歯科大卒。
歯科医師/相澤 悟
奥羽大学歯学部卒。
歯科医師/篠岡 希
東京医科歯科大学卒。
歯科医師/庄井 和人
東京医科歯科大学卒。
歯科衛生士長/北出 富美恵

地元の先生が医学を語る

 「入れ歯は身体の変化に自然に合わせたり、一緒に歳をとったりしてくれませんよ。長持ちするかどうかは、手入れ次第なんです。」こういうと大抵の患者さんは驚かれます。
 患者さんの望む歯科医療とはどんな医療でしょうか?現時点では、「痛くない、高くない、怖くない、早い治療」などではないでしょうか?まだまだ、再発防止や予防を希望される患者さんは少ないのが現実です。けれども歯科疾患は自然に治る病気ではありません。治療中の方は仕方ないとしても、今後はメインテナンスを通し、繰り返し治療を受けることのない方向を目指しませんか?

 主なメインテナンスの目標は3つあります。
(1)疾患(虫歯、歯槽膿漏など)の発症を出来る限り少なくする。
(2)疾患の早期対応または、早期治療をする。
(3)健康を維持するだけでなく、増進し、抵抗力のある体を作る。
 今の時代に一番重要なのは、(3)ではないでしょうか。


メンテナンスされた歯と歯ぐき
健康な状態を維持している

 また、メインテナンスについては図表のような科学的な根拠もあります。メインテナンスを受けていた患者さんとそうでない患者さんでは、グラフのように差が出ることもはっきりしています。普段、ご自分で磨ききれてない箇所をプロの手を使って清掃するのは、感覚的には1ヶ月ごとに髪をカットするのと同じようなイメージで捉えていただきたいと思います。

 では具体的にどんなことをしているのかと申しますと、汚れの状態をお見せした後、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って徹底的に歯のクリーニングを行い、特殊な研磨剤と回転ブラシ、ゴム製のチップなどを使い念入りに研磨していきます。その後、患者さんのお口の状態に応じて殺菌剤でのうがいやフッ素塗布などを行います。特に気をつけている点は、患者さんに気軽な気持ちで来院していただくように気を配ることと、さっぱりと気持ちよくなって帰っていただく事です。
 歯の健康は、体の健康。是非とも免疫力を上げにいらっしゃいませんか?私達スタッフはやりがいがあり、しかも患者さんに喜んでいただける歯科医療を目指しています。

戻る